おばあちゃんとインプラントの構図
インプラントのイラスト

インプラントとは元来は体内に埋め込まれる器具の総称として使われ、特に医療目的のものを指していましたが、現在では歯科治療の一つであるインプラント治療のことを言うのが一般的です。
インプラント治療とは、歯が欠損してしまった部分や虫歯による抜歯などを行った部分に人工の歯根を定着させ、その上から人工の歯冠を装着するという治療法で、その歴史は長く、海外では一般的な治療法として定着していましたが、日本でも1990年代以降に普及し、現在では選択する人も多くいる治療法です。

人工歯根でしっかりと定着させるインプラントは、差し歯のようにすぐに抜けてしまうということや、入れ歯のように違和感を感じることもなく、自分の歯のようにしっかりと噛むことができるのが特徴です。
また、ブリッジのように健康な歯を削って装着する必要もないので、手を加える部分を虫歯や欠損などが生じた部分などに限定することができます。

残存率が高いのも特徴の一つで、治療法や患者の年齢にもよりますがおおむね90%以上の10年残存率があります。
ブリッジや差し歯は器具の劣化や周囲の歯の影響などで外れてしまうこともありますが、人工歯根によってしっかり定着しているインプラントには基本的にその心配はありません。

歯医者にて定期健診を受けている男性

実際に治療を行った場合は、その後のメンテナンスのために定期的に歯科医の検診を受けることが望ましいです。
人工歯根を用いている分、普通の歯に比べて歯肉の炎症や感染症などが起きやすくなる可能性もあります。
また、インプラントの人工歯冠の周りは歯石や菌が溜まりやすくなってしまいがちです。
せっかくのインプラントを無駄にしないためにも歯磨きや歯間ブラシなどでの自己メンテナンスを心がけ、定期的に歯医者さんにチェックしてもらいましょう。

様々な治療法があるインプラントですが、中でも4本のインプラントを埋入することで全ての歯を回復させるというオールオン4は、難易度が高い術式ですが、歯がほとんどないという人や合わない総入れ歯に悩んでいるという人にとっては画期的な術式です。

インプラント治療の種類によって治療期間も異なりますが、人工歯根を入れてから1週間以内に歯冠の装着が完了し正常に機能するものを即時荷重、1週間から2か月の間で機能するものを早期荷重と呼んで区別しています。
人工歯根埋入のために手術を伴うためそのリスクは十分理解しておく必要があります。
また保険適用外の治療であるため、治療費も数十万円になるという点にも注意が必要です。