おばあちゃんとインプラントの構図

歯肉炎すら起こさせない!そこでデンタルフロス

フロス

歯肉炎は歯周病の一種であり、かなり重症化した症状です。
歯肉の腫れが強く引き起こされた状態となり、歯茎からの出血や炎症で生じた膿による悪臭、歯槽骨が溶け出すことによる歯のぐらつきなどが生じます。
虫歯で歯を失うのは若年層に多くみられますが、中高年層の人が歯を失う原因の多くが歯周病による歯肉炎となっています。
歯周病の有病率は成人でおよそ8割にも達するとするデータもあり、世界で最も感染者の多い記録として認定されています。

病状が進行して重度の歯肉炎にまで発展してしまうと、歯を失ってしまう可能性が大きくなりますので、早期の段階で対策をとることが大切です。
最も有効な予防方法は歯磨きで、特に歯ブラシの先端が届きにくい歯の隙間にたまった歯垢(プラーク)の除去が重要なポイントとなります。
その際に有効なのがデンタルフロスです。
デンタルフロスは細い糸をより合わせたもので、歯の隙間に入れて動かすことで食べかすや歯垢を取り除き、歯周病や歯肉炎を予防することができます。
またきちんと歯垢を除去することで歯肉の健康状態を向上させるという効果も見込まれます。

中高年になると加齢の影響で歯肉が下がり気味になることは避けられません。
そのために、歯の隙間も若い頃と比較するとかなり広くなりその場所が歯垢の格好のすみかとなるのです。
確実な除去を行うためには歯ブラシだけでは不十分ですので、歯垢除去率の高い糸ようじなどのデンタルフロスを利用してしっかりと取り除いて清潔を保つことが望ましいといえます。
また歯の隙間が大きく広がっている場合は、糸ようじよりも歯間ブラシのほうが適している場合がありますので、状況に応じて使い分けると良いでしょう。

このような歯に関する病気を未然に防ぐということは予防歯科と言われ、虫歯や歯周病のない健康な歯の状態のまま老後を迎えることを目標としています。
80歳の時点で20本の歯を残せるようにするという目標が一般的によく知られており、予防歯科においてもその数値が大きな目標として用いられています。

毎日の簡単な一手間で口の中の健康を保ち将来的にも快適な状態を保持し続けることができます。
歯茎の状態が悪く出血や悪臭が発生している場合、歯石が付着している場合、歯がぐらつくなどの症状が気にかかる場合などは、まずは歯科医でしっかりと診断してもらい、適切な歯磨きの方法をアドバイスしてもらうことが重要です。
自分でできる歯のメンテナンスも同時にしっかりと行っていきましょう。